就活のためのスーツ選び

厳しい就職活動の状況下ですが、だからこそそのためのスーツ選びは一層重要です。スーツ以外の身の回りの身だしなみも意識してください。

サイトトップ > スーツ選びの基本知識

スポンサードリンク

就活のためのスーツ選び

スーツ選びの基本知識


就職活動を行う大学生向けのオーソドックスなスーツがリクルートスーツです。よく使われる言葉ですが、特にリクルートスーツというタイプのスーツがあるわけではありません。就活スーツは黒や紺、グレー等の比較的濃い色で、これに白いシャツ等を着用するのがほぼ一般的です。


女性の場合はパンツスーツよりもスカートスーツの方が好ましいとされていて一般的のようです。最近の風潮として服装自由という企業も結構ありますが、これは服装はどうでもいい、というわけではありません。入社後も服装自由になるため、むしろきちんとした服装ができているか、一層シビアに見られることになります。


アパレル系の企業は異なる場合がありますが、一般的にスーツの選び方としては、価格やデザイン性よりも、誠実さや堅実さなどがアピールできるようなスーツが好ましいとされます。


リクルートスーツは、就職活動の為だけのスーツではなく、入社後も毎日スーツを着用する場合が多いですから、就職活動後も着用することが苦にならない自分に似合ったものにするのが大切です。


最低限必要なのは、スーツの色は黒が1着、シャツは白物を3枚程度ですが、ベルトやバッグ、靴下にも気を配らなければなりません。黒のスーツは冠婚葬祭等でも使うことがあるので、初めの1着は黒のスーツを買うのが無難です。シャツは青いシャツでも構いませんが、ネクタイと合わせるのが難しくなります。ベルト、バッグ、靴下もフォーマルなものを選ぶのが基本です。


スーツだけではなく、ベルトやバッグ、靴下も意外と大切な部分です。 スニーカーソックスのような短いものや白い靴下ではなく、黒や紺色の靴下が良いです。座ったときに見えるので、目立つものは避けてください。


ベルトやバッグは同じ色にすると良いと思います。ベルトは革製のもの等、スーツを一緒に売っているフォーマルなものを使用しましょう。 バッグは革製のものとビニールのものなどがあり、黒や茶色などリクルート用のバッグが良いと思います。


リュックはやめておいたほうが良いです。肩掛けベルトがついているものでも、肩からかけるのは見た目があまり良くありません。重いものが入っている場合のみ肩かけのものを使用しましょう。 吉田カバンなどバッグの内側が派手なものは、就職活動では避けておいたほうが良いです。


就活のためのスーツ選び

MENU



スポンサードリンク